防寒対策だけじゃない!メリットもいっぱいある犬の洋服

被毛の構造や長さで寒さが苦手かが分かる

今や、様々な犬種の犬を見かけるようになりましたが、犬の中には寒さや暑さが苦手な犬がいます。基本的に、原産国が寒い国の犬は、被毛も短い毛と長い毛の2重構造のダブルコートと呼ばれる犬種で暑さに弱い傾向にあります。暑い国であれば1種類だけの被毛に覆われたシングルコートと呼ばれる犬種で、こちらは逆に寒さに弱いです。寒さが苦手なタイプは、シングルコートの犬種で、代表的なのはトイプードルやシーズー、ヨークシャー・テリアやパピヨンなどです。また、毛の短い犬種も寒さに弱いので、チワワやミニチュア・ダックスフント、ミニチュア・ピンシャーやフレンチ・ブルドッグなども、冬場のお散歩時などでは犬用の洋服で防寒対策をしてあげましょう。

デザインよりも重視してあげたい機能性

犬の洋服は、人間と同じように様々な素材で作られたものが販売されています。天然素材で作られた洋服は犬にとっても着心地が良く、また、フリースやウールの素材であれば、冬場の防寒対策にもなります。ですが、犬種によってはダウンジャケットやウインドブレーカーなどでないと、寒さ対策にはならない場合もありますので、注意が必要です。そして、できればかわいい、おしゃれな洋服を着せてあげたいところですが、犬はボタンなどを噛んだり、誤飲をしたりする恐れもありますので、素材や機能性を重視して選びましょう。

また、犬が洋服を着るのを嫌がる場合は、犬のストレスにならないよう、無理に着せないことも大切です。犬の洋服は、抜け毛の拡散防止や、皮膚を保護して細菌感染を防ぐメリットもありますので、犬の洋服は適宜に着せてあげましょう。

愛犬に犬の洋服を買う前に、まず正しいサイズを測らなくてはいけません。大切なのは首輪のつけ位置の周りと前足の付け根周りです。この2つのサイズに必ず合う服を買ってあげましょう。