ママにも嬉しい!おままごとのメリット2つ

様々な力が身に付き、心が豊かになる

おままごとは、役割を決めて家庭や社会を真似する遊びですが、この遊びの中で様々な力が身に付くと言われています。まず、普段大人が何をしているのかを観察することが必要となるので、観察力が身に付きます。次に、それを真似することで表現力や語彙力が身に付くでしょう。さらに、おままごとを進めるためには相手と仲良く遊ぶ必要があるので、コミュニケーション能力や協調性、思いやりも身に付いてきます。これらの力はどれも子供の心を豊かにし、おままごとを通して身に付けることで心の成長に繋がります。遊びながら楽しく身に付けることができるなんて嬉しいですよね。

年齢や性別を問わず長く遊べる

おままごとは小さな女の子の遊びというイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。家庭や社会に様々な人がいるように、おままごとにも様々な役割があって良いですし、おままごとで身に付く力は男の子にも身に付けさせたい力でしょう。保育園や幼稚園では男女問わず大人数で遊ぶことで様々な役割が生まれます。また、おままごとは0歳の赤ちゃんからできる遊びなので、兄弟姉妹みんなで遊べます。本格的におままごとができるようになるのは2~3歳ですが、0~1歳でもその場にいるだけで役割が生まれるからです。さらに、年齢が上がるにつれて高度なやりとりができるようになるので、年齢に合わせて長く遊べるでしょう。子供のおもちゃはどんどん増えていきますが、おままごとはみんなで長く遊べるので、1つのおもちゃを長く使えるのも嬉しいですよね。

本格的に遊べるようになるのは2~3歳頃からですが、木のおもちゃのままごとは0~1歳でも手に取って木の感触を楽しむことができます。木は洗ったり拭いたりできるので、口に入れてしまっても安心です。