自分にあったメガネってなんだろう?メガネの選び方アドバイス

そのメガネ、あなたに合ってる?

視力が悪くなってきたと感じたら、誰でも1度はお世話になるメガネ。でも実際かけてみて「似合わない」「目が疲れる」なんて悩みが増えてしまうことも。今回はメガネの選び方についてちょこっと解説します。

顔の形に適した「フレーム」の選ぶ方

似合うメガネの選び方は、ズバリ顔の形に合わせたフレーム選びが大事です。特に縦横のバランスに合わせた形を選択するのが重要ですね。顔の形について大きく分けると「丸顔」と「面長顔」。丸顔は顔の輪郭が横に広めでやわらかい印象、面長顔は縦に長めでシャープな印象です。フレーム選びの基本は、顔の形と逆のデザインを選ぶのが良いとされています。つまり、丸顔は「横に広いタイプで四角いフレーム」を、面長顔は「縦に長いタイプで丸いフレーム」を選ぶのがポイントです。そのほか「三角顔」や「四角顔」タイプと分類されるケースもありますので、気になる方は詳しく調べてみて参考にしてみましょう。

「用途別」にメガネを分けるなんて方法も!

似合う似合わない以前に目が疲れてしまう…なんて状態は確実に合ってないと言えますよね。その場合、シーン別にメガネを用意するのも良いでしょう。例えば、PC作業時は「度数を抑えたブルーライトカットレンズ」のメガネを利用するなんて選択肢もありますね。普段使いのメガネの度数が高いと眼精疲労の原因になってしまいますので、抑えめにすることで目の疲れを改善できます。ほかにもフレームが擦れて痛い…という方はフレームの素材もこだわった方が良いかもしれません。「プラスチックフレーム」は幅が広くファッション性に優れたデザインではありますが、機能性を重視するなら「チタン」や「ゴムメタル」といった軽量で強度のある素材を選択してみるのもよいでしょう。

メガネの鼻に乗せる部分は調整が可能になっていて、それを上手く調整すればレンズの中心に目を合わせる事ができます。