お土産や手土産におすすめなラスクを4つ紹介!

1.グーテ・デ・ロワ ソムリエ

こちらは「ガトーフェスタハラダ」のラスクです。グーテ・デ・ロワというのはお菓子の王様という意味です。このシリーズからは定番のシュガーラスクやチョコレートコーティングのラスクもありますが、この「ソムリエ」はワインに合うラスクとして売られています。ブラックペッパーやトリュフオイルなど、イタリア料理のうまみが詰まったラスクです。

2.最高級バターラスク

こちらは「たくみにしかわ」の最高級バターラスクです。使用している材料は、北海道に所有している自社牧場から採ったジャージー牛乳と、ジャージー牛のミルクから作る自家製のバター、美瑛産の良質な小麦、そして甜菜糖や天然ミネラル塩で、さらにラスクを作るために開発されたフランスパンを焼き上げるという、リッチなものに仕上がっています。

3.赤い高知のラスク

こちらは「菓子工房レネー」のトマト味の赤いラスクです。フルーツトマト発祥の地と言われる高知のお土産です。使用している材料はフルーツトマトの他に、ハーブやニンニク、チーズなどで、イタリアンな仕上がりとなっています。おやつとしても、ワインのおつまみとしてもピッタリのラスクです。

4.最中とラスクの融合、モナスク

こちらは「PATISSERIE Joli Creer」という、北海道のお店のラスクです。五稜郭を模った星型で、外側が最中の皮に、中がスライスアーモンド入りのバターサブレになっています。さらに焼き上げているので、パリっと感やサクサク感を同時に楽しむことができ、スライスしたアーモンドの程よい香ばしさや、バターの甘味もあります。チョコレートは大人っぽい深みのある味わいです。

那須ラスクは、「主役になるラスク」の研究を重ね、こだわりを持って作られたラスクです。オンラインショップの他に4店舗あります。