手首のマストアイテム!時計の賢い選び方3選

どんな場所で使うか考える

時計と一言でまとめても様々な形があります。同じブランドでもデザインでがらりと印象が変わってしまいます。そこでまずは、時計を購入したとしてどんな場面で着けることが多いかを考えましょう。オフィスやビジネスシーンの場合、高級すぎる時計や奇抜な時計は浮いてしまいます。シンプルで視認性が高く、スーツやオフィスカジュアルに合うような物を選びましょう。オフで着用する場合は、自分のファッションに合わせた時計を探しましょう。

ファッション性か視認性かどちらを優先するか考える

時計にはファッション性を優先したものと視認性を優先したもの、二種類に分けることができます。ファッション性のある時計は手首をオシャレに飾ることができますが、視認性には欠けるので「時計で時間を確認する」というより、手首のワンポイントファッションとしての役割が大きくなります。一方、時計で時間を確認する目的の場合は、ファッション性は置いておき時間の見易さを確認しましょう。文字盤の色や時計針の色や太さなど、全体のバランスで見やすさが変わってきます。

店舗に赴き実際に着用してみる

一番確実なのが、店舗に赴き実際に着用してみることです。インターネットなどの画面越しで見るものと、実際に着けてみてみるのでは大きく印象が異なってきます。デザイン性、文字盤の大きさ、ベルトの色、全体のバランス、重さなど、一度着用してみてチェックするのが確実です。鏡があれば時計を着けている自分を見てみましょう。第三者視点で見てみると、また印象が異なってきます。

オメガ・ウォッチというスイスの高級腕時計メーカーのことです。現在はスウォッチ・グループに属してます。